保険外診療とは、保険のきかない自由診療のことです。
現在病院では、ほとんどが保険診療で行われています。
保険診療とは国民皆保険制度に基づき、医療費を一部負担してくれる診療のことです。
これにより貧富の差に関係なくすべての国民が平等に医療を受けることができます。
しかし、保険診療では「保険が利く範囲」があり、病気ごとに検査内容や使用できる薬等が決まっています。
治療法が確立されている病気に対しては診療内容におおきな制約が加えられる為に、
保険診療は必ずしも最良の医療とは限りません。
これに対し、保険外診療では患者さんの経済的負担は多少大きくなりますが

1.現在保険で認められていない治療法を自由に提供できる

2.十分な時間をかけて診療が出来る

3.患者さんの利便性が高まる

といったより質の高い「患者中心」の医療が実践できるメリットがあります。
当院の「腰痛&頭痛外来」では、保険外診療の形をとることで、過度にお待たせすることなく、一人一人の患者さんに十分な時間をとり、
保険診療の枠にとらわれない柔軟な治療にて、皆様を健康に導くことができます。

ページの上部へ